販売代理店を募集販売代理店を募集

経営コンサルタントを目ざす人へ。

14年の歳月と、1億4000万円の資金を投じ、
死ぬ思いで、300巻のCDRとDVDRを開発。

経営コンサルタントを目ざす人がこの教材を使い、
お客から経営相談を受けると、問題点が早く解決。

A.戦略社長塾が問題を解決

1. コンサルタントのお客作りが難しくなる2つの原因

コンサルタントのお客作りが難しくなる2つの原因経営コンサルタントを目ざす人は多いのですが、現実は次の理由で経営が難しくなっています。

①経営コンサルタントの仕事は形がないので、経営改善や経営相談の内容を、見込客に知らせるのがとても難しくなるからです。

この証拠は、経営コンサルタントで開業したあと、どういう方法でお客を作ればよいか、これが解らずひどく困ったことで解るはずです。

②これに対して見込客の方も、コンサルタントの実力が「どのレベル」にあるか、外見からでは全く解らないからです。

その結果、「実力が低い人と契約をして損をしたくない」という警戒心が働くので、簡単には契約をしません。

この2つが原因で、経営コンサルタントの仕事を始めても、お客を作るのがとても難しくなるのです。この証拠は、経営コンサルタントの年収の低さで解ります。

2. 社長塾の開催が問題を解決

社長塾の開催が問題を解決この難題の解決に役立つのが、戦略社長塾と竹田経営システムの2つになります。
では戦略社長塾から説明しましょう。

①まず中小企業の社長を、3人~5人募集します。この人数であると、セミナーの開催より、はるかにやりやすくなります。社長塾の参加費は、1回当たり3,000円を基準にしています。

②次はコンサルタントが、インストラクターになります。

③このあと、社長塾用に制作したDVDを教材に使い、塾を6回~12回開きます。1回当たりの時間は、2時間~2時間30分になります。

④社長塾運営のやり方は、DVDを15分位見たあと一旦止めます。そのとき、必要によってインストラクターが追加の解説をしたあと、「ここ迄DVDを見られた範囲で、どう思われますか」と、参加者1人1人から意見を聞きます。

⑤こうしてDVD1巻の説明が終わったら、その巻のまとめをしてその日の塾は終了します。

⑥社長塾を2回開いたあと、参加者に対して定価5,500円の「社長の経営戦略」か、「社長の自己啓発」のCD教材をすすめると、ほとんどの人が買ってくれます。CDを渡すとき、「5回は聞いて下さい」と念を押します。

⑦この方法で社長塾を6回~12回開くと、参加した社長とはかなり親しくなるばかりか、それぞれの社長の経営のやり方や、経営で困っているところが解ってきます。

⑧こうしていて塾に参加した社長の中に、「顧問契約の説明をしてみるべきだ」と思われる人がいたら、社長塾が終わった後か、その社長の会社を訪問して、顧問契約の説明をします。

このやり方が、顧問契約のお客を作る有効な方法になります。このようなやり方を、2段階形、または3段階形の販売方法と呼んでおり、高額商品や、形がない商品の販売に多く使われています。

B. 顧問契約ができたあとの指導手順

ここ迄説明してきた方法で「顧問契約」ができたら、次は「どのような手順」で経営改善を進めると都合が良いか、経営改善や経営指導の方法についても、マスターしておくべきです。ではこれについて説明しましょう。

1. 経営を構成する中心的な要因をはっきりさせる

顧問契約ができたあとの指導手順業績を良くするには、効果性が高い「経営システム」を作らなければなりません。経営システムとは、経営に必要な粗利益を作り出す機械装置、または経営プラントと考えるとイメージがしやすくなります。

効果性が高い、経営システムや経営プラントを作って業績を良くするには、まず経営を構成する「中心的な要因」を、はっきりさせなければなりません。これは次のようになります。

①商品、または有料のサービス対策。

②営業地域対策。

③業界と客層対策。

④この3つに対して新規のお客を作る、営業対策に。

⑤一度取引したお客を守る、顧客維持対策に。

ここ迄がお客を作るときに直接関係し、経営全体では80%を占めています。

⑥これらを実行するには人の力が必要になり、これは組織対策に。

⑦これらを実行するときに欠かせない、資金対策と経費対策に。

⑧これらを実行するときに欠かせない、時間対策になります。

この8項目が、経営システムでは最も重要な構成要因になるとともに、経営改善をするときの「最も重要な対象」にもなるのですから、経営コンサルタントを目ざす人は、この8大要因については研究を進め、実力を高めておかなければなりません。

2. 利益性の原則をはっきりさせる

利益性の原則をはっきりさせる自己資本を多く蓄積し、安定した経営を続けるには従業員1人当たりの経常利益を、業界平均よりも多くする必要があります。

経常利益を多くする方法については、いろんな方法が説明されていますが、どれも決め手を欠いています。これに解決の手掛かりを与えたのが、ランチェスター戦略の応用研究から出てきた、利益性の原則になります。

まずお客を作るときに直接関係する、商品か営業地域か業界・客層の、どれかで市場占有率1位で26%以上を確保し、次に、2位との間に10対6以上の差をつけます。こうすると従業員1人当たりの経常利益が、業界平均の「2倍~3倍」多くなります。

さらにこの状態が8年~10年続くと、従業員1人当たりの自己資本が多くなるので、資金繰りの心配をせずに経営ができるようになります。

こうなる根拠は今説明した「1位の条件」を確立すると、従業員1人当たりの経常利益が、市場占有率の2乗に比例して出るようになるからです。これによって、競争力がある強い商品作りや1位の地域作りなど、「小さくとも1位作り」の経営原則が生まれたのです。

この事情から、経営コンサルタントが顧問先の経営改善を指導するときは、常に、強いもの作りや1位作りを目標に定める必要があるのです。これらの原則を見つけるのに12年かかりました。

3. 実行の手順をはっきりさせる

実行の手順をはっきりさせる前の項目で、従業員1人当たりの経常利益を、業界平均の2倍~3倍出して、良い会社にする方法について説明しました。

次は、これをどのような方法で実行に移すと計画が早く実現するか、効果性が高い「実行の手順」についても、はっきりさせておく必要があります。これに役立つのが、軍隊の将校が作戦計画を立てるときに研究する、実行の手順になります。これを経営に応用すると、次のようになります。

まず「自分が経営する会社の業績をなんとしても良くして、立派な会社にしたい」という、社長の強い意欲や強い熱意になります。この証拠は、朝の出社時間と1年間の仕事時間に現れます。

次は、目的、目標、戦略、戦術、仕事時間、情報、革新の順になります。
この中で特別重要になるのが、戦略になります。しかし「戦略とは見えざるもの」と呼ばれるように、戦略は形がないので戦略の意味や内容は、学者やコンサルタントの間でバラバラに説明され、実態はひどく混乱しています。

これに解決の手掛かりを与えたのが、ランチェスター戦略を経営に応用した、強者の戦略と弱者の戦略になります。2つの戦略内容は、全く逆さまのアベコベになっています。強者の戦略が実行できる会社は1000社3社位しかなく、997社は弱者になり、さらにこの中の400社は「番外弱者」になるのです。

弱者の戦略とは先ほど説明したように、現在は競争力がある強い商品や1位の地域が1つもないが、今から競争力がある強い商品作りや1位の地域作りを目ざす、全社的経営のやり方になるのです。

4. 竹田経営システム

初めに説明した経営を構成する「中心的な要因」と、今説明した「実行手順」の2つを組み合わせると、経営の全体図ができます。こうるすと経営を「二次元」でとらえることになるので、とても解りやすくなります。私は、これを「竹田経営システム」と名付けました、これを考えつくのに25年かかっています。

①商品対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。
②地域対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。
③業界客層。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。
④営業対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。
⑤顧客維持。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。
⑥組織対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。
⑦資金経費。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。
⑧時間対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。

5. 経営を構成する中心的な要因を1つ1つ点検

経営を構成する中心的な要因を1つ1つ点検お客と顧問契約ができたあとは、決算書をもらってこれを分析するとともに、必用によっていくつかの質問をすると、お客の会社の経営状況がひととおり解ります。仮に分析の結果、従業員1人当たりの経常利益が、業界の平均と比べて、はるかに低かったり赤字であったとします。

そのときは利益性の原則と、ランチェスター戦略による弱者の戦略ルールをもとにして、経営システムを構成する中心的な要因を、1つ1つ点検していくことになります。

点検をする1番目は、商品または有料のサービスになります。商品の種類によって、従業員1人当たりの粗利益の8割以上が決まるばかりか、営業のやり方や資金の使い方も決まるのです。このような事情から商品については、詳しく聞かなければなりません。

その中でも売上のウエイトが高い商品の粗利益率と、業界でのランクについて。次は商品の中で特徴がある商品はどれになるかについて。

さらに商品の幅を聞きます。業歴が古くなると、経営能力以上に商品の幅が広がるばかりか、本業と関係ない商品に手を出す場合もあるので、商品の幅は必ず聞かなければなりません。

こうしたあと、顧問先の経営力を考えた上で、将来1位を目ざす重点商品と、商品の最大範囲の2つを、はっきりと決めます。こうすると、目標がはっきりするばかりか経営力の分散が防げるので、競争力のある強い商品が早く作れるのです。

このあとはこれと同じ手順で、営業地域、業界と客層、新規のお客を作る営業戦略と販売戦術、それに組織対策など、経営システム全体をチェックしていきます。こうすると、経営の大事なところの決め方が良くなるので、経営効率が高まって業績が良くなります。

6. 詳しく知りたい方には説明書を送ります

詳しく知りたい方には説明書を送りますここ迄説明してきた、利益性の原則とランチェスター戦略、それに竹田経営システムの3つを組み合わせて、お客の会社の経営改善をしていくと、やるべきことがはっきりしているので、コンサルタントとして経験が浅い人でも、実力が早く高まります。

代理店になるには、総合フルセットの採用と登録料が必要になります。これについてもっと少し詳しく知りたい方は、「94円切手10枚」を送ってもらうと、説明書を送ります。
〒810-0012 福岡市中央区白金1丁目1-8の301。

ランチェスター経営(株) 代理店担当宛てに。
TEL 092-535-3311 FAX 092-535-3200。

各代理店をご紹介

(北海道)ランチェスターマネジメント株式会社  西谷常春社長様

(山形県)ランチェスター経営山形 西塔秀幸所長様

(宮城県)岩松正記税理士行政書士事務所 岩松正記

(石川県)ランチェスターマネジメント金沢 小嶋隆史社長様

(石川県)ウィンクル・コンサルティング   塩山徳宏様

(新潟県)ファーストアドバンテージ(有) 酒井とし夫社長様

(福井県)働きがい研究所 橋 敏夫様

(茨城県)(有)中川式賃金研究所 中川清徳様

(茨城県)荒木会計事務所 荒木政幸様

(茨城県) (株)アームズ・エディション 菅谷信一様

(千葉県) 西村経営研究所有限会社 西村謙二 社長様

(千葉県) (有)e売るしくみ研究所 山本直人社長様

(東京都)五十嵐コンサルティングオフィス 五十嵐 勉様

(東京都)辻経営(有) 辻 伸一様

(東京都)(株)エスプリンク(有)実践マーケティング協会園幸朔様

(東京都)ランチェスター経営大森 山下奈々

(東京都)小早川 亜紀子

(神奈川県)スキルパス(株)谷口竜司様

(神奈川県)ソフトプランニング(有) 玉井 昇様

(山梨県)北口事務サポートセンター 矢崎健吾様

(静岡県)ランチェスター経営浜松 鈴木俊士様シグマ・ライセンス・スクール運営

(愛知県) ランチェスターマネジメント(株) 河辺よしろう社長様

(愛知県) ランチェスター経営豊橋 山口高弘様

(愛知県)ランチェスター経営名古屋 川端康浩様建築・リフォーム業に特化

(愛知県) 曽我経営会計事務所 曽我達郎様ランチェスター経営岡崎

(愛知県) ランチェスター財務戦略 熊谷文男様

(愛知県) ランチェスター経営名古屋(株)マップトラスト)

(愛知県) 山幡 道明様

(三重県) ランチェスター経営三重(有)  岩崎 功様

(滋賀県)㈱滋賀県経営支援協会 杉本浩志様

(大阪府) ランチェスター経営大阪 井上秀之様

(大阪府) NNA(株) 佐藤元相社長様

(大阪府) 希望大地 喜多州山様

(大阪府)(株)ホスピタソン 勝田耕司様

(大阪府)小さくても強い会社をつくる!『江坂No.1社長塾』税理士 寺島義雄様

(京都府)ランチェスタービジネス京都 (有) 谷口薫所長様

(京都府)石黒健太税理士事務所 石黒健太様

(京都府)株式会社東成  周 巍巍様

(兵庫県) ランチェスターマネジメント明石 山田一美社長様 山田一美税理士事務所運営

(兵庫県) 兵庫税理士法人 妹尾芳郎様

(兵庫県) ㈱神戸経理代行センター   宮崎良一様

(岡山県) ランチェスター経営戦略岡山 柿迫宏則様 柿迫宏則税理士事務所運営

(岡山県) アッパービレッジ(有) ムラカミヨシコ様

(広島県) おおたち会計事務所 大立 稔様

(広島県) ランチェスター経営広島 錫木健一様

(愛媛県) (株)アンクル 森田信之様

(香川県) ユートピア(有) 竹田 猛様

(福岡県) (有)羽山プロジェクトオフィス 羽山 葵社長様

(福岡県)(株)DL 大城幸治様

(福岡県山内経営(株) 山内 修様

(福岡県日本人事経営研究室㈱ 山元浩二様

(福岡県)タスクサポート㈱ 岡本健一様

(福岡県)中山優子法務事務所 中山優子様

(福岡県)(有)いちご会計事務所 足立知弘様

(佐賀県)(株)タケナカコーポレーション 竹中 勇社長様

(大分県)ミントコンサルティング(株) 佐藤信彦社長様

(熊本県)ランチェスター経営研究所・熊本株式会社三輪次守様

(宮崎県) ランチェスター経営 宮崎 平山雅史様

(鹿児島県)シオン経営コンサルティング新屋敷 辰美様

(沖縄県)日本人事(株) 當山 達男 社長様

(沖縄県) ハレルヤ経営コンサルタント 渡名喜康孝社長様