□ ランチェスター経営戦略 ランチェスター経営株式会社 □
会社概要 特定商取引法の表示 個人情報について お問い合わせ
代理店、社長塾、起業塾、計画塾の塾長募集
ランチェスター経営のトップページへ □
業績向上を目指す経営者の方へ
買いやすく気軽に研究できるCD・DVD教材
本格派用の戦略CD・DVD教材
教材選びのヒント
全国で活躍する弊社ユーザー様をご紹介

ランチェスター経営株式会社 竹田陽一の経歴
竹田陽一の戦略テープ開発物語

竹田陽一からマル秘メルマガ配信
代理店・塾長専用ページ

ランチェスターマネジメント札幌
ランチェスターマネジメント金沢
ソリューションアンドクリエーション
ランチェスター経営豊橋
中川式賃金研究所
ランチェスタービジネス京都
ランチェスター経営大阪
ランチェスターマネジメント明石
日本人事株式会社
五十嵐コンサルティングオフィス

販売代理店、各塾長を募集 ご登録頂いている販売代理店をご紹介
全国で活躍されている方々をご紹介 ご登録頂いている各塾長をご紹介


-----
戦略教材の販売代理店、
各塾長を募集しています。
-----
14年の歳月と、1億4000万円の資金を投じ、
死ぬ思いで、300巻のCDRとDVDRを開発。

会計事務所や社労士事務所の、
顧客サービスと新規開拓に役立つ。


会計事務所の中には顧問先サービスの一環として、

講演会を開いたり本をプレゼントするなど、
いろんな方法を実行している事務所があります。
これに役立つのがランチェスター経営で制作した、
DVDを教材に使って開く、戦略社長塾になります。

このDVDは従業員10人〜30人規模を対象に、
経営規模の大中小で変わる社長の役目をはじめとして、
戦略と戦術の違い、ランチェスター戦略による、
強者の戦略と弱者の戦略など、
経営の大事なところを解りやすく説明しているので、
とても解りやすくなっています。

      

これ迄日本全国で約60社の会計事務所で採用頂いています。社長塾を開くと顧問先の社長と人間関係が良くなるので、顧問先が他の会計事務所に変わるなどの、流出防止」に役立つばかりか、新しい顧問先の開拓にも役立ちます

では社長塾の内容について説明しましょう。

. 戦略社長塾の運営手順

まず1番目は社長塾用に制作した、DVDを揃えて頂きます。DVDは5コースあり、開く回数は最大で12回になります。2番目は、塾の参加者を3人〜5人募集します。

この人数ですと、講演会を開くより参加者集めがはるかに楽になるので、開催の負担が少なくなります。

3番目は、1回当たりの運営時間は「2時間〜2時間30分」が基準になります。

これ以外に土曜日を特別日とし、8時〜12時迄開くこともできます。この場合、DVDは2巻使用します。

4番目は、参加者にDVDのテキストを渡します。

5番目は、所長先生か職員さんの中で、経営戦略の研究熱心な人がインストラクターになります。

6番目は、塾長のDVDを15分位見たあと一旦止め、必要によってインストラクターが追加の説明をします。

このあと「ここ迄見られた範囲で質問か意見はありませんか」と聞きます。

しかし1回目のときは様子が解らないので、意見はほとんど出ませんが、2回目になると意見が出るようになります。

7番目は、こうして1巻全部を見終わったら、インストラクターがまとめをして、その日は終了になります。

8番目は、こうして3〜5コース迄参加してもらうと、
職員が定期巡回をしていたときには質問されなかった、経営上の大事な話」が出ることがあるので、とても役立ちます。

9番目は、塾に参加した社長の中に社長塾がとても気に入ってくれた人がいたら、「仕入先か販売先の社長の中に、経営戦略の研究に熱心な人がいたら連れてきてくれませんか」と頼むと、そうしてくれる社長がいます。

こうして自社の顧問先以外の参加者があると、その中に新規のお客になってくれる可能性が出てきます。

10番目は、こうして顧問先の社長を対象にした社長塾がひととおり終わったら、次は同じ方法で「後継者育成塾」を開くと、とても喜ばれます。

ここ迄説明してきたのは会計事務所の場合でしたが、社会保険労務士や、中小企業を対象に損害保険を売っている、損保会社でも実行できます。

. 社長塾の開催テーマと教材の価格。いずれも税込

1コース用。社長の差別化学習法。2回開催。DVD巻。1時間38分。16,500円。

第2コース用。戦略社長。回開催。DVD巻。3時間9分。35,200円。

第3コース用。社長の実行力の高め方。2回開催。DVD巻。時間9分。22,000円。

第4コース用。早解りランチェスター戦略。2回開催。DVD巻。1時間31分。22,000円。

第5コース用。早解り社長の簿記会計。2回開催。DVD2巻。1時間50分。19,800円。合計115,500円。

合計12回開催。DVD12巻。登録料110,000円。



戦略社長塾についてもっと詳しく知りたい方は、84円切手10枚」を同封の上、請求して下さい。詳しい説明書を送ります。

社長室!
当社の商品を活用してくださる方を、募集しております。まずはお問い合わせください。あなた様からのご連絡をお待ちしております。


販売代理店を募集。
中小企業の業績向上に役立つ、
ランチェスター戦略の教材。

経営コンサルタントを目ざす人へ。

この教材を使い、
お客から経営相談を受けると、
問題点が早く解決。


.戦略社長塾が問題を解決

.コンサルタントのお客作りが難しくなる2つの原因。
経営コンサルタントを目ざす人は多いのですが、現実は次の理由で経営が難しくなっています。

@経営コンサルタントの仕事は形がないので、経営改善や経営相談の内容を、見込客に知らせるのがとても難しくなるからです。この証拠は、経営コンサルタントで開業したあと、どういう方法でお客を作ればよいか、これが解らずひどく困ったことで解るはずです。

Aこれに対して見込客の方も、コンサルタントの実力が「どのレベル」にあるか、外見からでは全く解らないからです。
その結果、「実力が低い人と契約をして損をしたくない」という警戒心が働くので、簡単には契約をしません。
この2つが原因で、経営コンサルタントの仕事を始めても、お客を作るのがとても難しくなるのです。この証拠は、経営コンサルタントの年収の低さで解ります。

. 社長塾の開催が問題を解決
この難題の解決に役立つのが、戦略社長塾と竹田経営システムの2つになります。では戦略社長塾から説明しましょう。

@まず中小企業の社長を、3人〜5人募集します。
この人数であると、セミナーの開催より、はるかにやりやすくなります。社長塾の参加費は、1回当たり3,000円を基準にしています。

A次はコンサルタントが、インストラクターになります。

Bこのあと、社長塾用に制作したDVDを教材に使い、塾を6回〜12回開きます。1回当たりの時間は、2時間〜2時間30分になります。

C社長塾運営のやり方は、DVDを15分位見たあと一旦止めます。そのとき、必要によってインストラクターが追加の解説をしたあと、「ここ迄DVDを見られた範囲で、どう思われますか」と、参加者1人1人から意見を聞きます。

DこうしてDVD1巻の説明が終わったら、その巻のまとめをしてその日の塾は終了します。

E社長塾を2回開いたあと、参加者に対して定価5,500円の「社長の経営戦略」か、社長の自己啓発」のCD教材をすすめると、ほとんどの人が買ってくれます。CDを渡すとき、「5回は聞いて下さい」と念を押します。

Fこの方法で社長塾を6回〜12回開くと、参加した社長とはかなり親しくなるばかりか、それぞれの社長の経営のやり方や、経営で困っているところが解ってきます。

Gこうしていて塾に参加した社長の中に、「顧問契約の説明をしてみるべきだ」と思われる人がいたら、

社長塾が終わった後か、その社長の会社を訪問して、顧問契約の説明をします。このやり方が、顧問契約のお客を作る有効な方法になります。

このようなやり方を、2段階形、または3段階形の販売方法と呼んでおり、高額商品や、形がない商品の販売に多く使われています。

 

. 顧問契約ができたあとの指導手順

ここ迄説明してきた方法で「顧問契約」ができたら、次は「どのような手順」で経営改善を進めると都合が良いか、経営改善や経営指導の方法についても、マスターしておくべきです。

ではこれについて説明しましょう。

 

. 経営を構成する中心的な要因をはっきりさせる

業績を良くするには、効果性が高い「経営システム」を作らなければなりません。経営システムとは、経営に必要な粗利益を作り出す機械装置または経営プラントと考えるとイメージがしやすくなります。効果性が高い、経営システムや経営プラントを作って業績を良くするには、まず経営を構成する「中心的な要因」を、はっきりさせなければなりません。これは次のようになります。

@商品、または有料のサービス対策。

A営業地域対策。B業界と客層対策。

Cこの3つに対して新規のお客を作る、営業対策に。

D一度取引したお客を守る、顧客維持対策に。

ここ迄がお客を作るときに直接関係し、経営全体では80%を占めています。

Eこれらを実行するには人の力が必要になり、これは組織対策に。

Fこれらを実行するときに欠かせない、資金対策と経費対策に。

Gこれらを実行するときに欠かせない、時間対策になります。

この8項目が、経営システムでは最も重要な構成要因になるとともに、経営改善をするときの「最も重要な対象」にもなるのですから経営コンサルタントを目ざす人は、この8大要因については研究を進め、実力を高めておかなければなりません。

. 利益性の原則をはっきりさせる

自己資本を多く蓄積し、安定した経営を続けるには従業員1人当たりの経常利益を、業界平均よりも多くする必要があります。経常利益を多くする方法については、いろんな方法が説明されていますが、どれも決め手を欠いています。

これに解決の手掛かりを与えたのが、ランチェスター戦略の応用研究から出てきた、利益性の原則になります。まずお客を作るときに直接関係する、商品か営業地域か業界・客層の、どれかで市場占有率1位で26%以上を確保し、次に、2位との間に10対6以上の差をつけます。こうすると従業員1人当たりの経常利益が、業界平均の「2倍〜3倍」多くなります。

さらにこの状態が8年〜10年続くと、従業員1人当たりの自己資本が多くなるので、資金繰りの心配をせずに経営ができるようになります。

こうなる根拠は今説明した「1位の条件」を確立すると、従業員1人当たりの経常利益が、市場占有率の2乗に比例して出るようになるからです。

これによって、競争力がある強い商品作りや1位の地域作りなど、小さくとも1位作り」の経営原則が生まれたのです。

この事情から、経営コンサルタントが顧問先の経営改善を指導するときは、常に、強いもの作りや1位作りを目標に定める必要があるのです。

これらの原則を見つけるのに12年かかりました。

. 実行の手順をはっきりさせる

前の項目で、従業員1人当たりの経常利益を、
業界平均の2倍〜3倍出して、良い会社にする方法について説明しました。

次は、これをどのような方法で実行に移すと計画が早く実現するか、効果性が高い「実行の手順」についても、はっきりさせておく必要があります。

これに役立つのが、軍隊の将校が作戦計画を立てるときに研究する、実行の手順になります。

これを経営に応用すると、次のようになります。まず「自分が経営する会社の業績をなんとしても良くして、立派な会社にしたい」という、社長の強い意欲や強い熱意になります。この証拠は、朝の出社時間と1年間の仕事時間に現れます。

次は、目的、目標、戦略、戦術、仕事時間、情報、革新の順になります。この中で特別重要になるのが、戦略になります。

しかし「戦略とは見えざるもの」と呼ばれるように、戦略は形がないので戦略の意味や内容は、学者やコンサルタントの間でバラバラに説明され、実態はひどく混乱しています。

これに解決の手掛かりを与えたのが、ランチェスター戦略を経営に応用した、強者の戦略と弱者の戦略になります。

2つの戦略内容は、全く逆さまのアベコベになっています。強者の戦略が実行できる会社は1000社3社位しかなく、997社は弱者になり、さらにこの中の400社は「番外弱者」になるのです。

弱者の戦略とは先ほど説明したように、現在は競争力がある強い商品や1位の地域が1つもないが、今から競争力がある強い商品作りや1位の地域作りを目ざす、全社的経営のやり方になるのです。

. 竹田経営システム

初めに説明した経営を構成する「中心的な要因」と、今説明した「実行手順」の2つを組み合わせると、経営の全体図ができます。こうすると経営を「二次元」でとらえることになるので、とても解りやすくなります。

私は、これを「竹田経営システム」と名付けました、これを考えつくのに25年かかっています。

@商品対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。

A地域対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。

B業界客層。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。

C営業対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。

D顧客維持。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。

E組織対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。

F資金経費。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。

G時間対策。目的、目標、戦略、戦術、時間、情報、革新。

. 経営を構成する中心的な要因を1つ1つ点検

お客と顧問契約ができたあとは、決算書をもらってこれを分析するとともに、
必要によっていくつかの質問をすると、お客の会社の経営状況がひととおり解ります。

仮に分析の結果、従業員1人当たりの経常利益が、業界の平均と比べて、はるかに低かったり赤字であったとします。

そのときは利益性の原則と、ランチェスター戦略による弱者の戦略ルールをもとにして、

経営システムを構成する中心的な要因を、1つ1つ点検していくことになります。

点検をする1番目は、商品または有料のサービスになります。商品の種類によって、従業員1人当たりの粗利益の8割以上が決まるばかりか、営業のやり方や資金の使い方も決まるのです。

このような事情から商品については、詳しく聞かなければなりません。

その中でも売上のウエイトが高い商品の粗利益率と、

業界でのランクについて。次は商品の中で特徴がある商品はどれになるかについて。らに商品の幅を聞きます。業歴が古くなると、経営能力以上に商品の幅が広がるばかりか、本業と関係ない商品に手を出す場合もあるので、商品の幅は必ず聞かなければなりません。

こうしたあと、顧問先の経営力を考えた上で、将来1位を目ざす重点商品と、商品の最大範囲の2つを、はっきりと決めます。

こうすると、目標がはっきりするばかりか経営力の分散が防げるので、競争力のある強い商品が早く作れるのです。

このあとはこれと同じ手順で、営業地域、業界と客層、新規のお客を作る営業戦略と販売戦術、それに組織対策など、経営システム全体をチェックしていきます。

こうすると、経営の大事なところの決め方が良くなるので、経営効率が高まって業績が良くなります。

 

ここ迄説明してきた、利益性の原則とランチェスター戦略、

それに竹田経営システムの3つを組み合わせて、お客の会社の経営改善をしていくと、やるべきことがはっきりしているので、コンサルタントとして経験が浅い人でも、実力が早く高まります。

代理店になるには、総合フルセットの採用と登録料が必要になります。



これについてもっと少し詳しく知りたい方は、94円切手10枚」を送ってもらうと、説明書を送ります。

 

お申し込み方法

販売代理店説明用CD 752円(94円切手10枚) ※切手でお支払い下さい。

戦略社長塾紹介用CD 840円(84円切手10枚) 
                               ※切手でお支払い下さい。

上記2点のお申し込みは郵便でお願い致します。

ご希望の商品、商品の送り先、お名前をご記入頂き、 切手同封の上、弊社まで
郵送下さい。


宛先は…

-------------------------------------------------------------

 〒810-0012 福岡市中央区白金1-1-8チュリス薬院301 ランチェスター経営(株)
   「代理店説明用CD 申し込み」係 又は 「社長塾紹介DVD 申し込み」係

-------------------------------------------------------------

竹田陽一が質問にお答えします。下記メールまでお気軽にお問合せ下さい。

Copyright © 2006-2020  Lanchester Keiei Co.,Ltd. All Rights Reserved