竹田陽一の経営随筆集 メルマガ配信5月10日(火)は、№11。

竹田陽一書下ろしの「竹田陽一の経営随筆集」が、2022年3月11日から始まりました。

5月10日(火)は、№.11です。

テーマは、「良い本・悪い本・普通の本 その7」 です。

内容は、

8.中心部分の本質を掘り下げて研究してない

a.経営分析は項目の数が多すぎる

b.中小企業の社長用は意外と少ない です。

経営分析のやり方を説明した本は、何千冊もあるでしょう。

ある本には経営分析の項目が30項目も書かれていました。

これらの分析は何の役に立つのか、調べてみたら

1つ目は、銀行の融資係や審査係用

2つ目は、投資家用でした。

中小企業の社長に必要なのは、

●自己資本比率、

●従業員1人当たり当たりの自己資本額、

●固定比率、

●総資本回転数

これらの数字の「危険値、または下限値」です。

「危険値、または下限値」を知り、注意点にも留意すれば

資金計画の立案にも役立ちます。

倒産会社の決算書をいくつも分析して、これらの数値を考え出したのが竹田陽一です。

もっと詳しい内容を知りたいなら、下記の教材に詳しく説明されています。

ランチェスター法則による、財務戦略教材
DVD4巻、4時間21分。テキスト付き。定価69,000円(税込)

ランチェスター法則による、財務戦略教材
CD4巻、4時間30分。テキスト付き。定価50,600円(税込)

※お一人での学習には、CDが向いています。
 グループでの学習には、DVDが便利です。

◆「財務戦略」詳しい内容は、こちら

 

竹田陽一が、毎回書き下ろしたものを毎週火曜日、メルマガで配信しています。ぜひご購読下さい。

まだ、メルマガ登録をしてない方は、弊社までご連絡下さい。

すぐ登録致します。

◆メルマガの申込、メール先 customer@lanchest.com  

 


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs315835/lanchest.com/public_html/hp/wp-includes/script-loader.php on line 2781