□ ランチェスター経営戦略 ランチェスター経営株式会社 ショッピングカート □
会社概要 特定商取引法の表示 個人情報について お問い合わせ
本格派の戦略テープ・ビデオ紹介
ランチェスター経営のトップページへ □
業績向上を目指す経営者の方へ
1万円以下の買いやすく気軽に研究できるCD・DVD教材
買いやすく気軽に研究できるCD・DVD教材
本格派用の戦略CD・DVD教材
教材選びのヒント
全国で活躍する弊社ユーザー様をご紹介


ランチェスター経営株式会社 竹田陽一の経歴
竹田陽一の戦略テープ開発物語
竹田陽一からのマル秘情報 お得情報満載のメルマガ発信
まごころはがき
ランチェスター法則応用の弱者必勝の経営戦略

※CD版もご用意しております。CD版のご案内はDVD版の下です。
戦略☆社長
申込のFAX用紙はこちら
  ※FAX用紙は税別表示です。

戦略☆社長 





  DVD
 4巻(3時間9分)
テキスト付き




 34,560
(税込)








-----

あなたは経営の迷信に
惑わされていませんか?

-----


 経営のやり方にはいろんな方法が紹介されています。しかし経営の中心部は形がないので実態がよく解らず、怪しげな迷信がいっぱいはびこっています。その迷信に惑わされ業績を悪くしている社長が多くいるのです。

 こうした中で業績を良くするには、まず「こだわらず、とらわれず、片寄らず」の「空の心」になります。そのあと以下の手順で考えていくと、正しいやり方が自然にはっきりしてきます。


1.経営の全体像がわかれば何が大事かが解る

 本気で業績を良くするにはまず「着眼大局」の原則に従って、経営の全体像がどうなっているか、改めて経営の全体像をきちんとつかんでおく必要があります。

 経営の全体像が解れば迷いが少なくなりますから、正しい手が打てるようになります。この教材では、めずらしい方法で経営の全体像を説明しています。

2.経営の構成要因をはっきりつかめばよい経営ができる

 効果的な経営をして業績を良くするには、経営を構成する大事な要因をはっきりさせるとともに、大事な要因のウエイト付もして、重要度の高さを知っておくことが欠かせません。

 大事な要因がわかり、しかもそれぞれのウエイト付が何%を占めるかこれが分かれば、大事なところに経営力を集中して投入できますから、早く業績が良くなります。研究を始めてから25年目に、これらをはっきりさせることに成功しました。

3.利益性が決まる根本的原則が解った

 忘れてはならないことがもう一つあります。
 利益性の善し悪しはどのような条件で決まるか、利益性の原則をはっきりさせることになります。

 こう説明するとあなたは「利益性の原則などすでに知っているよ」と思われるでしょう。ところが意外な事実が見落とされており、これが利益性を悪くする大きな原因になっているのです。

 この教材では、利益性を構造的に良くする原則について解りやすく説明していますから、きっと大きなヒントがつかめるはずです。

4.社長の実力を上位3%に高める手順が解ります。

 会社自体は「固定給なしの歩合給」で運営されており、しかも業績が悪くなっても、政府も銀行も助けてはくれません。こうした実力主義の世界にあっては、社長の戦略実力を同業者100人中5番以内に高める必要があります。

 この教材ではその手順をきちんと説明していますから、きっと大きな手掛かりがえられるはずです。


<戦略☆社長 目次>

第1章 現状分析と経営の構成要因

  1、現状分析で実態を知る
  2、経営改善の科学的手順
  3、経営の本質をはっきりさせる
  4、経営の全体図を考える
  5、経営を構成する8大要因
  6、経営を構成する要因のウエイト付

第2章 利益性の原則と市場占有率

  1、会社は粗利益で生きている
  2、営業マンの仕事内容を検討
  3、市場占有率3つの条件
  4、株式上場企業で検証
  5、根本原因は社長の経営方針にある

第3章 戦略と戦術

  1、戦術の正しい意味を知る
  2、戦術リーダー
  3、戦略の正しい意味を知る
  4、ランチェスター法則を理解する
  5、実行手順のウエイト付

第4章 経営の全体図と社長の実行向上対策

  1、経営の全体図。竹田ビジネスモデル
  2、経営全体のウエイト付
  3、経営規模で変わる社長の役割
  4、業績の何割が社長1人で決まるか
  5、社長は上位3%に入るのを目指せ
  6、社長の実力向上戦略
  7、学習回数を思い切って多くする


←サンプル動画はこちら(WMV形式 5.8MB)★ 

「ランチェスター経営の竹田です。
 これまでビジネス書を読んだり講演会にも参加され、経営については
 いろんな勉強をしてこられたことと思う。
 
 会社は固定給なしの完全な歩合給で運営されているので、どんな社長
 でもしっかり経営の勉強をして腕を上げないと、業績を良くすることは
 できない。

 ところが経営の中心部分は形がなくてつかみ所がないので、油断する
 と 迷路に入り込んでわけがわからなくなってしまう。こういうことでたま
 には手を休め、経営とはどういうものかを原点に立ち帰って、客観的に
 見直してみる必要がある。

 この教材は従業員100人以下、とりわけ10人〜30人規模の社長に
 焦点を当てて作っているので、きっと役に立つと思っている。

 では本論に入る前に、個人企業まで含めた規模別の統計を説明して
 おくことにしたい。」


 目からウロコの教材です!
 戦略社長塾はこの教材を使って開催されます。これにより
    経営原則が学べるとともに、今ご自身に何が足りないのか、
    何に集中すべきなのかを学ぶことができます。


戦略☆社長

FAX申込用紙はこちら
   ※FAX用紙は税別表示です。

戦略☆社長  




  DVD
 4巻(3時間9分)
テキスト付き




 34,560
(税込)








◆CD版もご用意しております
DVD版はグループ学習にぴったり。
お一人で勉強する場合にはCD版をご利用ください。
お求めやすい価格設定です。

実力を3倍高める先略社長

FAX申込用紙はこちら
※FAX用紙の価格表示は税別です。


戦略社長 CD 



(経営原則)




CD 4巻(4時間5分)
テキストなし
定価 25,920(税込)

■「社長の実力を3倍高める戦略社長DVD」のCD化


 「戦略社長ビデオ」について、「説明は辛口だが何回も聞きたいので音声としての商品化はできないか」という問い合わせが何件もあっていました。その声にお答えして、ようやくCD版が完成しました。

 改めて聞いてみると「ここまで言っていいのかな…」というところがいくつもあるので、制作者としては冷や汗ものです。


1.社長のカンを狂わせる原因はコンサルタント

 従業員5人以下の規模で考えると、経営の大事なところは「意外に単純」で解りやすくなっています。ところが講演会で学歴の良いコンサルタントの話を聞くと頭が混乱し、社長の経営に対するカンが狂い始めます。こうなる原因は5つあります。

2.社長のカンを狂わせる5つの原因

 1番目は、アメリカから入ってきたマーケティングにあります。マーケティングの話をする人は英語を多用するので、話が進むにつれて何が最も大事であるか、訳が解らなくなってきます。

 2番目は、会計崇拝者主義の説明にあります。
 会計も必要ですが、会計の仕事からは1円の粗利益も生まないので、会計の仕事は簡単にして、コストダウンを図るのが正しい対策になりるのです。

 3番目は、社長の役目をはっきり説明しないことにあります。
 社長の役目は、1〜10人〜30人〜100人〜300人〜1,000人と、規模の節目によって大きく変わります。しかしコンサルタントの多くは大会社の話ばかりするので、つい中小企業の社長でも大会社向けの社長の役目が正しいと思い込んでしまう人が多くなります。

 4番目は、戦略と戦術の違いをきちんと説明しないことにあります。
 戦略と戦術の区別がつかないと、仕事の正しい役割分担ができなくなるばかりか、経営の仕組み作りもできなくなります。これでは業績を良くすることはできません。

 5番目は、競争条件が1番有利な会社だけが実行できる、強者の戦略が正しいやり方のように説明していることにあります。間違った戦略で経営をすると、従業員一人当たりの粗利益が1年に50万円から200万円も少なくなります。

3.原点に立ち返って考えると社長のカンがよみがえる

 この5つが原因となって社長の本能的なカンがすっかり狂い、実力が発揮できないでいるのです。これを解決するにはまず初心になり、次に経営の大事なところを改めてチェックしていくと社長のカンが次第に戻ってきます。

 これらを解りやすく説明しているのがこのCDです。
 早く研究に取り組むと、経営の打つ手が早くはっきりしますよ!
 


<戦略社長の目次>


  第1章 経営の目的(46分)
   1.経営の目的を改めてはっきりさせる
   2.経営を構成する要因を明確にする

 第2章 経営の構成要因(53分)
   @商品対策(何を)
   A営業地域対策(どこの地域で)
   B営業ルート、業界、客層対策(誰に)
   C営業対策(どうやってお客を見つけ)
   D顧客対策(作ったお客はどう守り、)
   E組織対策(人の配分と役割は)
   F資金対策(資金と経費の配分は)
   G時間対策
  8大要因のウエイト付け作業

 第3章 戦略と戦(72分)
   1.願望、熱意、向上心を高める
   2.戦術の内容を正しく知る
   3.戦術リーダーの役目を正しく知る
   4.戦略の内容を正しく知る
   5.戦略は戦術の延長戦にない
   6.実行要因のウエイト付け
   7.経営の構成要因と実行要因の統合

 第4章 社長の実力と業績(72分)
   1.社長の役割と守備範囲
   2.社長の戦略実力は利益が証明
   3.業績不振の根本原因
   4.パレートの法則
   5.実力向上の公式

                               ▲ページの最初へ

◆DVD版もご用意しております。複数で勉強する場合に最適。

  『戦略☆社長 上位3%を目指して   詳しくはコチラ

                    

竹田陽一が質問にお答えします。下記メールまでお気軽にお問合せ下さい。

Copyright © 2006-2016 Lanchester Keiei Co.,Ltd. All Rights Reserved