社長の差別化学習法(DVD)


社長の差別化学習法
DVD2枚(1時間38分)テキスト付き
定価 16,500円(税込)

社長の「学習方法の差別化」こそが、業績の善し悪しを決める、「大本の原因」です。 社長の戦略実力が高まらない限り、
経営の差別化はできません!!

多数の競争相手がいる中で業績を良くするには、商品の差別化、地域の差別化、営業の差別化など、経営の大事なところの差別化が必要だということは、なんと「45年も前」から言われています。

ところが中小企業の大多数は差別化に成功しているとはいえません。その原因は実際に差別化を考えるのは「社長自身」になるので、社長の戦略実力が特別に高まらない限り、経営の差別化が実行できないからです。
つまり「学習方法の差別化」こそが、業績の善し悪しを決める「大本の原因」になるのです。

1. ところが中小企業の社長が、経営戦略の研究をしたいと考えたとしても、経営の基本原則を初めとして、競争条件が不利な会社が実行しなければならない弱者の戦略ルールを、イチから、きちんと説明している所がないのです。

経営をしたあとの記録をする簿記学校は全国各地にあるのに、中小企業の社長を対象にした差別化力があって、しかも独創性がある学習方法がまだ開発されていないのは不思議な気がします。

2. もちろんセミナー会社や商工会議所などで経営の講習会が開かれています。しかし説明される内容はほとんどが一般論であるばかりか、大会社の組織作りや強者の戦略が中心になっています。従業員100人以下、とりわけ30人以下の社長がこのような話を何回聞いても経営の差別化はできないでしょう。

3.業績が思わしくない場合その原因はいくつもありますが、次の4つが大きな原因になります。

まず1番目は、経営規模の「大・中・小・零」で変わる社長の役目の違いを正しく理解してなく、大会社のやり方で経営している。

2番目は、利益性の善し悪しが決まる利益性の原則を理解していない。

3番目は、戦略と戦術の区別がつかず、繰り返し作業でしかも仕事の内容が目で見える戦術だけが経営の大事な仕事と思っている。

4番目は、強者の戦略と弱者の戦略の区別がつかず、カッコが良い強者の戦略が正しい経営のやり方と考えている。

これらに問題があると差別化力がある経営などとてもできないので、業績が悪くなってしまうのです。

4.このような現実がある中、差別化力がある経営を進めて業績を良くするには何はともあれ、社長が「差別化力がある学習方法」を研究し、戦略実力を高めなければなりません。これらについて解かりやすく説明したのがこのDVDです。

撮影は録音スタジオでしているので音質は最良です。次に説明の仕方は大型のパネルを36枚使い、紙芝居方式でしているのでとても解かりやすくなっています。あなたが経営する会社の差別化力を高めて業績を良くするのに最適な教材です。

≪目次≫

第1章 経営システムと経営の基本原則

  1. 業績が決まる大本の原因
  2. 大本は社長の戦略実力
  3. 利益性の原則をはっきりさせる
  4. 実行の手順とウェイト付
  5. ランチェスター法則
    • A. 強者の経営戦略
    • B. 弱者の経営戦略(上巻 約52分)

第2章 社長の差別化学習法

はじめに。社長の学習効果公式

  1. 社長の素質を押える
  2. 教材の種類をはっきりさせる
  3. 質が高い教材を準備する
    • a.成功社長の体験談を聞く
    • b.仮説・検証法の落し穴
    • c.究極の差別化教材の作り方
  4. 学習回数を多くする
  5. 学習計画を立てる
  6. 全体のまとめ・戦略社長塾  (下巻 約46分)

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs315835/lanchest.com/public_html/hp/wp-includes/script-loader.php on line 2781