リーダーシップの戦略(社長のリーダーシップ)

リーダーシップの戦略 CD
CD 3巻(3時間30分)テキスト付
定価 39,600円(税込)
リーダーシップの戦略 DVD
DVD 4巻(3時間35分)テキスト付
定価 69,300円(税込)

良き社長とは、従業員思いの仕事がよくできる人!

<経営熱心な社長様へメッセージ>

社長のリーダーシップ力が強くなると従業員が意欲的に働くようになるので、従業員の人数は同じであったとしても、経営力が2割も3割も強くなります。こうなれば業績の向上に大いにプラスになります。つまりリーダーシップは社長が研究すべき経営課題の中で、最後のテーマになるのです。

リーダーシップに関しては、何冊もの本が出版されています。しかしリーダーシップは身近なテーマである割に、中心部は形がなくてつかみどころがありません。これが原因でほとんどの本や講演で説明されるものは、リーダーシップを構成している中心的な要因がはっきりせず、ダラダラと説明されています。

  仮にリーダーシップを構成している要因をいくつか示したとしても、どの項目が何%を占めているかなど「ウェイト付」をしてないので、どれが1番重要であるかよく解かりません。これでは中小企業の社長が、リーダーシップ力を高めたいと考えて研究に取り組んだとしても、成果が出ないままになってしまいます。

1. 社長がリーダーシップ力を高めるにはまず初めに、リーダーシップを構成する「中心的な要因」をはっきりさせておかなければなりません。これに役立つのが日本で最初に研究された、九州大学のPMリーダーシップ理論です。100人以下の社長の場合は、中心となる要因が「3つ」あります。

まず1つ目は、自分が経営している会社の業績をなんとしても良くしたいという願望や熱意、それに自分の戦略実力を高めて立派な社長になりたいという向上心になります。

2つ目は、社長が責任を持って担当すべき役目のレベルを高める、仕事遂行能力になります。

3つ目は、従業員と人間関係を良くする人間関係能力になります。

2. このあとは中心的な要因になる3つが、それぞれどれ位の比率を占めているか「ウェイト付」をすることになります。各要因のウェイトが解ると、最もウェイトが高いものから解決する「重点主義」が実行できるので、社長がリーダーシップ力を高めるときにとても役立ちます。

3. このように基本的な原則を解決したあと、リーダーシップを構成する中心的な要因のレベルの高め方を考えます。このときにランチェスター法則の研究から出てきた、強者の戦略ルールと弱者の戦略ルールがとても役立ちます。

こうしたあと、ベンジャミン・フランクリンが考え出した「習慣化の定着法」を応用して実行に移ると、社長のリーダーシップ力が高まります。こうなると従業員のヤル気が出るばかりか自発性も高まるので、業績の向上に役立ちます。

<リーダーシップの戦略(CD)の目次>

第1章 リーダーシップの歴史と基本原則

  1. リーダーの実力で変わる部下の仕事量
  2. 逆転型のトラブル企業
  3. ホーソン工場の能率向上実験
  4. ミシガン大学の作業能率研究
  5. 日本におけるリーダーシップの研究
  6. PMリーダーシップのチェックリスト
  7. 自己評価と部下評価に大きなズレが発生
  8. 社長のリーダーシップを構成する要因とウエイト付

第2章 経営に対する願望と熱意及び仕事遂行能力の高め方

  1. 現状を分析をして経営内容の実態を知る
  2. 社長は経営に対する願望や熱意を高める
  3. 社長は朝型を中心に仕事時間を長くする
  4. 経営を構成する大事な要因をはっきりさせる
  5. 利益性の原則をはっきりさせる
  6. 力を入れて取り組む重点目標をはっきり決める
  7. 戦略と戦術の違いをはっきりさせる
  8. ランチェスター法則をマスターする
  9. 社長は経営の8大戦略をマスターする
  10. 社長は従業員教育に力を入れる
  11. 従業員の人数で変わる社長の役目を理解する

第3章 人間関係能力の高め方

  1. 朝の挨拶は社長が先にする
  2. 従業員が良い仕事をしたらほめる
  3. 従業員の家庭生活や人生の生き方に関心を示す
  4. 仕事の改善では従業員の意見を聞く
  5. 従業員を公平に扱う
  6. 社長は公私混同をせず自分を例外にしない
  7. 従業員に文句をいうときは原因をはっきり指摘する
  8. 社長は従業員に対して「げた・ぞうり議論」をふっかけない
  9. 従業員と交わした約束は必ず守る
  10. ポアソン分布に打ち負かされない
  11. 社長には性悪説的行動と性善説的行動の使い分けがいる
  12. 実行の定着はフランクリンの自己啓発で
社長のリーダーシップ力が高まると、従業員は仕事にヤル気が出るばかりか自発性も高まるので、会社全体の実行力が強まります。

中でも社長の従業員に対する人間関係能力が高まると、従業員のお客に対する気配り力が高まるので、お客の評判が良い会社になれます。この教材は九州大学の三隅教授が、数千人の実態調査をして独自に考え出した国産のPMリーダーシップ理論に、ランチェスター戦略を加えて構成しているので、とても実践的になっています。

1. 社長が効果的にリーダーシップ力を高めて業績を良くするには、まず初めに、着眼大局の原則に従い、リーダーシップを構成している中心的な要因を、はっきりさせなければなりません。これをしなければ、中心がボケて役立たないものになります。

次は中心的な要因のウエイト付をし、重みの違いを押さえます。このあと中心的な要因のレベルの高め方を考え、これをマスターします。こうしたあとで実行に移ると、従業員に対してレベルが高い対応ができるので、従業員の仕事に対する意欲が高まり、業績向上に役立ちます。こうしたやり方を科学的問題解決法と呼んでおり、このやり方を体得するといろんな仕事に応用できます。

2. 社長のリーダーシップを構成している中心的な要因を大きく分けると、社長が従業員と人間関係を良くする人間関係能力と、経営戦略を中心とした仕事遂行能力の2つになります。2つのウエイト付をすると、社長が従業員と人間関係を良くする能力が66%になり、仕事遂行能力は33%になります。このウエイトは意外でしょう。

3. 社長が従業員と人間関係を良くするには、これらがどのような項目で構成されているか、具体的な項目をはっきりさせなければなりません。三隅教授は多くの実態調査をし、これを10項目にまとめています。

次に仕事遂行能力は、ランチェスター法則を応用して竹田がまとめました。社長が会社のリーダーとして責任を持って担当すべき役目が分かると、何をすべきか、目標がはっきりするので実行がしやすくなります。

4. このあとは、リーダーシップを構成している大事な要因が、無意識のうちに実行できるようになる「習慣化の訓練」が必要になります。これに役立つのが、およそ280年前にベンジャミン・フランクリンが考え出した、習慣化の方法になります。テキストをもとにあなたにとって必要なものを「10~13項目」選び出したあと、フランクリンの習慣化の方法を応用すると、重要なものが無意識のうちに実行できるようになります。

経営戦略を研究したり経営計画を立てたあと、実行段階で最後に必要になるのが、リーダーシップになります。人手不足の時代、現在の人員で今以上に業績を良くするのに、この教材が役立ちます。

社長のリーダーシップ力が高まると、従業員は仕事にヤル気が出るばかりか自発性も高まるので、会社全体の実行力が強まります。中でも社長の従業員に対する人間関係能力が高まると、従業員のお客に対する気配り力が高まるので、お客の評判が良い会社になれます。

この教材は九州大学の三隅教授が、数千人の実態調査をして独自に考え出した国産のPMリーダーシップ理論に、ランチェスター戦略を加えて構成しているので、とても実践的になっています。

1. 社長が効果的にリーダーシップ力を高めて業績を良くするには、まず初めに、着眼大局の原則に従い、リーダーシップを構成している中心的な要因を、はっきりさせなければなりません。これをしなければ、中心がボケて役立たないものになります。

次は中心的な要因のウエイト付をし、重みの違いを押さえます。このあと中心的な要因のレベルの高め方を考え、これをマスターします。

こうしたあとで実行に移ると、従業員に対してレベルが高い対応ができるので、従業員の仕事に対する意欲が高まり、業績向上に役立ちます。こうしたやり方を科学的問題解決法と呼んでおり、このやり方を体得するといろんな仕事に応用できます。

2. 社長のリーダーシップを構成している中心的な要因を大きく分けると、社長が従業員と人間関係を良くする人間関係能力と、経営戦略を中心とした仕事遂行能力の2つになります。2つのウエイト付をすると、社長が従業員と人間関係を良くする能力が66%になり、仕事遂行能力は33%になります。このウエイトは意外でしょう。

3. 社長が従業員と人間関係を良くするには、これらがどのような項目で構成されているか、具体的な項目をはっきりさせなければなりません。三隅教授は多くの実態調査をし、これを10項目にまとめています。次に仕事遂行能力は、ランチェスター法則を応用して竹田がまとめました。社長が会社のリーダーとして責任を持って担当すべき役目が分かると、何をすべきか、目標がはっきりするので実行がしやすくなります。

4. このあとは、リーダーシップを構成している大事な要因が、無意識のうちに実行できるようになる「習慣化の訓練」が必要になります。これに役立つのが、およそ280年前にベンジャミン・フランクリンが考え出した、習慣化の方法になります。キストをもとにあなたにとって必要なものを「10~13項目」選び出したあと、フランクリンの習慣化の方法を応用すると、重要なものが無意識のうちに実行できるようになります。

経営戦略を研究したり経営計画を立てたあと、実行段階で最後に必要になるのが、リーダーシップになります。人手不足の時代、現在の人員で今以上に業績を良くするのに、この教材が役立ちます。

<リーダーシップの戦略 DVD 目次 >

1章 経営の全体像をつかむ (72分)

  1. 科学的問題解決法
  2. リーダーの大事な役目の再確認をする
  3. 経営の全体像をイメージする
  4. 経営を構成する9大要因を知る
  5. 正しい貢献度を知る

2章 経営の目的と戦略 (58分)
職務遂行知識の高め方、その1

  1. 経営の目的を再確認する
  2. 戦略をマスターする
    @競争の勝ち目はとても難しい
    A将軍の役目を知る
    B将軍の術を戦略を翻訳
    C戦略の意味は各人バラバラ

3章 ランチェスター法則を知る (63分)
職務遂行知識の高め方、その2

  1. ランチェスターの法則を知る
  2. 競争条件が有利な会社が使う強者の戦略
  3. 競争条件が不利な会社が使う弱者の戦略
  4. 2種類の戦略概念

4章 戦術と戦術リーダー (68分)
職務遂行知識の高め方、その3

  1. 戦術の正しい意味を知る
  2. 戦術リーダーの正しい役目を知る
  3. 専任部長の正しい役目を知る
  4. 経営規模で変わる組織の内容

5章 人間関係能力の高め方 (66分)

  1. 人間関係の構成要因
  2. 人間関係能力がなぜ優先するか

6章 情報・革新・熱意能力を高める (87分)

A.成果を高めるには情報収集が必要

  1. 戦略上の情報収集
  2. 戦術上の情報収集

B.革新を加えやり方を変える

C.仕事に対する熱意能力を高める

  1. できる人の思考プロセス
  2. ダメな人の思考プロセス
  3. 積極的な人間になるには
  4. 積極的な人生を送る

D.時間戦略を実行する

◆◆◆ 最後の仕上げは ◆◆◆
社長のリーダーシップ力の強化になります。
世界最高の理論、PMリーダーシップを
身につければ安心です!


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs315835/lanchest.com/public_html/hp/wp-includes/script-loader.php on line 2781